写真撮影のポイント ”主役”となるのは?

JUGEMテーマ:写真

 

今日はちょっとした実例の紹介を。

 

 

 

 

この2枚のsampleABの写真、同じ人が撮った写真です。

 

出来上がった作品を撮る

というのが目的です。

 

sampleA = 最初に撮った1枚目。

sampleB = アドバイス後に撮った写真。

 

sampleAsampleBを比較してみると

いかがでしょうか〜。

 

sampleAは、作品のクレイケーキと背景のお花の大きさが変わらず、

また、クレイケーキと背景のお花の間の空間も気になるところ。

 

作品のクレイケーキのアピール写真なので、

私からは「主役を意識して撮ってみて」

っとアドバイスしました。

 

カメラのレンズや設定は変えずそのままで

主役となる作品を意識して撮った写真がsampleB

 

主役のクレイケーキの存在感が出ましたよね。

 

50mmの明るいレンズをお持ちだったので、

sampleBは、背景がボケて手前のクレイケーキが

引き立っていますよね!

 

特に作品や商品を撮る場合は、

”どう魅せるか”

を意識して撮ってみてくださいねーえがお

 

 

出張撮影 lune -赤ちゃん・子供・家族の記念写真-

http://www.photo-crop.com/photoplan.html

 


結婚写真撮影
アンジェブランシュ WEDDING PHOTOGRAPHY
http://www.ange-blanche.com/

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply