『女神の見えざる手』

JUGEMテーマ:映画

 

今年観た中でNo.1の映画に出会ったー嬉しい!!

 

特に働いている女性には是非是非観てもらいたい!!

 

1,800円出しても得した気分にさせてくれる作品ですgood

私もOLで上司とバトっていた若い頃を思い出してしまったわぁ〜(笑)

私の場合はバトり方が若かったけどね。

 

いやぁ〜 そうきますかー。

勘のいい人は展開を読めていたのかもしれないけど。

大どんでん返しの勝利に、上映中だけどスタンディングオベーションしたかった!

もう、日頃のもやもやや嫌なこともスッキリイエーイ

もともとそんなに嫌なことないけどあは

 

権力や金、地位にものを言わせて思い通りに事を運ぼうとする

有力者や議員、会社のお偉いさんに引導を渡す公聴会のシーンは痛快ですよイエーイ

 

アメリカで銃規制ネタですしね。

この作品そのものをあまり良く思っていない団体とかあるかも・・・

 

強くて負けなくて、信念を通す女性。

常に先を読み、仕掛け、対処する。

敵には回したくないタイプ。

 

でも、彼女ほど自分のすべてを全力で仕事に費やし、

敵を作ってでも結果を出せる人ってそうそういないだろうなぁ。

仕事に対して、勝利することの対して厳しい人だけど、

ついてくる部下がいるのもわかる。

 

学生の頃に銃乱射事件に巻き込まれて生き残った女性社員と、

前の会社で主人公のアシスタントだった女性社員、

どちらも勝利へ大きく貢献し重要な役。

この二人がいなかったら勝利は難しかったかも。

 

あっ、体が自慢の男(笑)もよかった! いい人〜!

 

作品名『ミス・スローン』

邦題『女神の見えざる手』

 

邦題の意味、観終わったらわかりました。

 

ミス・スローンが刑を終え出所してくるラストシーン。

あの表情も絶妙。

ここで終わるラストシーン、好きです。

 

主人公のミス・スローンを演じたのは、ジェシカ・チャステイン。

このスローン役を演じたかった女優さん、たくさんいるだろうなー。

 

ジェシカ・チャステインの演技は引き込まれますね。

初めてジェシカを知ったのは、5年前の『ヘルプ 心がつなぐストーリー』の

ちょっと天然で差別意識のない、黒人メイドさんと仲良くして料理を教わったり

食事を一緒にしようとする女性を演じていて印象に残った女優さん。

 

その後も『ゼロ・ダーク・サーティ』でビンラディンを追い詰めた

CIAの女性分析官を演じ、『インターステラー』、『オデッセイ』と

出演作品を観て、毎回素敵な女優さんだなぁっと感じさせてもらっています。

 

あの公聴会のシーン、もう1回観たい!!!

 

mochikoのお薦め度 もちろん星星星星星kirakira拍手 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply