「伝え方が9割」

JUGEMテーマ:

 

 

恥ずかしながら・・・

滅多に本を読むことのないあせ私。

 

じーっと本を読む時間が

どうももったいないように感じ・・・

どちらかと言うと動いていたいタイプ。

 

 

本屋さんで待ち合わせした友人と会った時に、

 

「この本知ってる?」って聞かれて

 

「知らなーい。本、読まないもん爆弾

 

とフツーに大きい声で(普段から声は大きい方あは)答えて、

 

なんで本屋でそういうこと言うイラ 

っと友人に注意されたという。。。

 

 

そんな私が珍しく手に取って購入した本が

 

『伝え方が9割』

 

 

 

実は、最初に手に取ったのは まんが版の『伝え方が9割』

 

ちらっと立ち読みして面白そう!っとまんが版を買おう思ったけど、

やっぱ、この歳でマンガっていうのはさすがに、、、で

近くに積まれていたこちらの本をゲット!

 

 

この本、読みやすいです。

今、半分ぐらい読んだかな。

 

 

「事件は会議室で起きているんじゃない! 現場で起きているんだ!!」

踊る大捜査線 青島俊作

 

言葉の構造の話の例文で出てきた中のひとつの踊る大捜査線の青島くんのセリフ。

 

コピーライターの佐々木氏が著者なので、具体的な例も比較的最近の言葉で

解りやすいし頭に入りやすい。

なるほどねぇ〜。

 

ふせんマジックは、

OLの頃に使いたかった技(笑)だったなぁ〜。

 

 

伝え方の技術を本で読んで理解は出来ても、

それを日常生活や仕事で実行実践できるようになるのは

時間が掛かりそうだけど、、、

 

「ノー」を「イエス」に変えることがひとつでも増えたら、

 

そして

 

個人発信が可能で求めらる時代に取り残されないように・・・

 

読み終えてから自分なりにアレンジして自分のモノとできるよう

チャレンジしてみようかな。

 

私を知っている人は、

その変化に乞うご期待?!?!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply