『ムーンライト』

JUGEMテーマ:映画

 

 

 

 

昨日会った友人とストレス解消法の話題が。

私のストレス解消法のひとつは、映画を映画館で観ること。

特に、アクション・サスペンス系。ミュージカル映画も好き好き

 

でも話しているうちに、

ストレスないんだけどねーっと言う結論に(笑)

有り難いことです笑顔

 

 

アカデミー賞作品賞受賞作品の『ムーンライト』。

少し前に観てきました。

 

何年か前に作品賞を受賞した『ノーカントリー』を観た時を思い出した・・・

 

「えっ驚く 終わり?!」

 

 

今回もそうだった。

 

あーそうなのー顔文字

 

むむムーンライト・・・

 

 

今回のアカデミー賞の誤発表で、

『ラ・ラ・ランド』の作品賞受賞の瞬間が一瞬あったけど作品を観て、

作品賞は”ないな”っと納得したけど・・・

『ムーンライト』もそこまで・・・

というのが正直なところ。

 

後日、同じく作品賞にノミネートされていた『LION/ライオン 25年目のただいま

観たけど、こちらの方が作品賞としてお薦めだと思うー。

(感想はまた別途)

 

 

ムーンライトの公式サイトにある

「最も純粋で美しい、愛の物語」

 

主人公シャロンのケヴィンに対する切ない思いが”愛”で

いじめられていたシャロンの唯一の友達のケヴィンには、

友情以上の愛情をずーっと・・・

ということでしょう。

再会した時の告白からすると。

 

子供の頃や青年期のその思いが、心理的な描写が、

すごく伝わってくるーってところがなかったので、、、

(夜の浜辺でのシーンまでは)

 

私が気が付かなかったのか???顔文字

純粋じゃないからか???顔文字

 

と思ってたらエンドロールー。

 

「ムーンライト」、

シャロンの人生を月明かりのように照らすタイトルのようだった。

 

 

mochiko 星星星

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply